富士山二合目奥宮

OKUMIYA

富士山二合目奥宮
富士山には一合目から頂上まで、様々な宗教施設が設置されていましたが、中でも富士山二合目は特別な位置を占めていました。
同じ北側に位置する吉田口(海抜850メートル)、 川口(900メートル)という信仰登山口集落に対し、富士山二合目は海抜1700メートルという高所にありました。しかしながらその場所は、富士山中にも関わらず、屋根筋によって山頂からの融雪災害や、吹き下ろす冷風を避けることができると共に、水場もある絶好の立地条件を有しておりました。
境内の平地は屋根の尖端を人為的に開削したものと思われ、ここが富士山中の重要な信仰拠点であったことを示しています。

当社は699(文武帝3)年に奉斎したと伝えられています。
その後708(和銅1)年に祭場の形を造り、720(養老4)、807(大同2)年に雨屋、社殿を造ったが、富士噴火のため焼失したといわれています。
現在は本宮本殿は永久保護のため里宮地に遷座していますが、拝殿は当時のまま、奥宮社を新たに建立しており、毎年6月に奥宮祭を斉行しております。

平成23年2月、河口湖畔に位置する里宮社境内地と共に、富士山世界文化構成施設『史跡富士山』に登録されております。
富士山二合目奥宮

富士御室浅間神社とは

流鏑馬
神社には900年以上の伝統ある『流鏑馬祭り』が伝わっています。 >>武田流流鏑馬神事

神社で結婚式

富士山二合目奥宮
富士山中の重要な信仰拠点であった奥宮。 >>富士山二合目奥宮を見る

浅間神社
山梨県南都留郡富士河口湖町
勝山3951番地
>>アクセスはこちら

Copyright(C),富士御室浅間神社. All rights reserved.